Loading...

TBLアカデミー

TBL Members
SCHEDULE
試し読み

お金と資産の羅針盤
将来の不安を解決する指南書

最初の章を公開いたします

お金と資産の羅針盤

あなたは「お金に関する本」「お金持ちになる本」を何冊読みましたか?

 いきなり質問ですが、あなたは今の生活に満足していますか?
 幸せだと心の底から言えますか?
 答えは大体わかっています。もしあなたが本当に幸せで今の生活に何の不満もなければ、本書を手に取っていないからです。
 じゃ、質問を変えてみましょう。今までお金に関する本、金持ちになる本など豊かな人生に関わる本を何冊ぐらい読みましたか?
 もう何冊も読んだと言う人もいるでしょう。はじめてという人もいると思います。
 何冊も読んだと言う人はちょっと不思議に思いませんか?

 その手の本を読んで、世界が可能性で溢れていることを知り、あなたも実現できますよとワクワクさせられてきたと思います。そしてそれが全部実現できていれば、今、あなたは幸せなお金持ちのはずです。

 毎年ベストセラーの上位をダイエット関連本が占めていますが、翌年もまた新しいダイエット本が出版されます。それでも自分が満足できるナイスボディーになることはおろか、まわりでナイスボディを自慢する人を見つけることすらままならないのは私だけでしょうか。

「がんばっていれば何とかなる」のが日本ですか?

 お金持ち関連本、自己啓発の本、何を読んでも世界は希望に満ちていると言うのに、どうして私には明るい未来が見えてこないのだろう?いつ幸せになれるのだろう?そんな風に、不思議に思ったことはありませんか?
 しかも、よく考えてみてください。日本人は世界の誰よりも長く働いているし、誰よりも勉強熱心です。働いた量、勉強した量だけで幸せが決まるとしたら、日本人は世界一幸せになっていてもおかしくないでしょう。
 ご存知のとおり日本の現実はそんなに甘くありません。増えていく国の借金、上がることだけを覚えたかのように増え続ける税金、少子高齢化でその税金は下がりそうもなく、自分が受給年齢になったらまともに払ってもらえるかすらも不透明な年金。
 そもそも支払い開始の年齢がどんどん遅くなる現状で、自分は受給年齢に到達することができるのかすら疑わしい。
 何かをしないといけないと感じてはいるけど、何から手をつければいいのかわからないし、すでに成功した人たちの本を読んだり話を聞いても、自分にはできそうにないと思えてくる。
 なんか自慢話ばかりなようでつまらないなあと、悶々としてしまう。ああだ、こうだとしているうちに面倒臭くなり、「ま、がんばっていれば何とかなるさ」と半分あきらめて何もせずに今日も眠りにつきます。

お金と資産の羅針盤

あなたが絶対的に頼っている会社という1本のパイプ

 何もしなければ少なくとも失うリスクはない。本当にそうなのでしょうか?
 確かに何かを始めればそれを失うリスクというものは存在します。株式投資を始める場合、間違った銘柄を選んでしまったら投資した金額が減ってしまうリスクはあります。
 株式投資なんか最初から始めなければよかったと思うこともありますが、その反対のリスクも存在します。株式投資で資金を増やして給料だけでは想像できなかった豊かな生活を実現したと言う話も聞いたことがあると思います。
 将来に対する明るい材料が見えないのが現実、だからこそ何もしない。それで、本当に何にも失わないことになるのでしょうか。
 何もしなくて何も失わないと言う考えには、大事なことがひとつ抜けています。それは、「将来にかけて現状がそのまま維持されていく」と言う前提に成り立っているということです。
 しかし、現在の日本において現状がそのまま維持されていくのは到底困難だということは、もうあなたも気づいているはずです。このことについては後ほど嫌になるほど詳しく見る ことにします。
 金銭的なことで考えてみましょう。資産運用の代表的な例としてあげている株式投資や不動産投資をするよりは、何もせずに銀行かタンスの中に大事に現金をしまっておけば失うこともなさそうです。
 しかし前述したとおり現金として保管して損をしないということは、現金の価値が変化しないと言う前提が必要です。つまり現金の購買力があがったり下がったりしないということです。
 将来的に物価が上がらないと言い切れる人はいますか?現実問題として、2019年に消費税増税が行われ、同じものを買う時に 2%の税金が上乗せされる(購買力が下がる)経験をすでにしています。
 国内の現状には変化ないといっても、ドルに対して円の価値が下がる円安が進んだときのことを考えてみましょう。身近な例で言うと海外旅行に行く時に余計にお金がかかるということを意味します。
 原料の多くを海外からの輸出に頼っている食料品業界であれば、円安が進んむことによって材料費が上がり、それはやがて消費者物価に上乗せされ、消費者の購買力を下げていきます。
 今度は仕事の面で考えてみましょう。長い間日本を支えてきた終身雇用はもはや成り立たないということは、あなたも知っています。
 一見安泰に見える大企業に入ってそこにすべてのエネルギーを注いで出世するという道が最も理想的だとされていましたが、JAL やシャープ、東京電力などの例で見るように「絶対潰れない会社」というものは存在しません。
 考えてみてください。シャープが自分から仕事をもらっていた下請けの会社に買収されることになるとは誰が想像できたことでしょうか?
 たとえ「絶対潰れない会社」が存在していて、そこに入社することができたとしても、あなたはその会社から一生必要とされる自信がありま すか。
 絶対できる自信があり、ずっとその会社でがんばっていこうと決めているなら、おそらくこの本はあなたには必要ないでしょう。
 投資の教育、人生に関わるコーチングなどを通じて、今まで数千人の人たちと話しあってきた経験から言わせていただければ、自分のキャリアについて悩みを持っていない人と言うのはほぼ全無です。
つまり仕事(キャリア)面でも何もしないと言う事は、あなたが絶対的に頼っている会社というパイプが途絶えてしまうリスクに無防備で 露出されていると言うことを意味します。
 しかも、あなたのパイプはこの 1 本のみです。
 そう、まとめると「何もしないことほど大きなリスクはない」ということになります。

お金と資産の羅針盤

必要なのは正しい地図と明日から実践できるアクションプラン

 暗い話ばかり並んでしまったようで恐縮です。「将来は暗いのでなるべく節約して飲みにも行かず、旅行も控え、再雇用してもらうために一生懸命頑張りましょう」とまとめるなら、本書は不要です。私があなたに渡したいのは、次の2つです。

①豊かな生活にたどり着くまでの正しい道筋を示した地図
②明日から一方踏み出せるアクションプラン  言わば 「豊かな人生プロジェクト」の全容です。
 豊かな人生を実現したいと思った私も、自己啓発の本、お金関連の本など、あわせて数百冊は読んできました。しかし、豊かな人生を実現したという人はどうしてこんなにも少ないのでしょうか。  それは大きく3つの要因があると分析できます。

①実践する人にとって間違った方向が提示されている
②そもそも実践をしていない
③日本の現状とはかけ離れた外国の理論がそのまま翻訳されている
 どうですか?成功に関連する本を少しでも読んだことのある人で、まだ満足できる成果が上がってないという人は、この中のひとつにあてはまるのではないでしょうか?
 もちろん見事にあてはまらない人もいます。あてはまらない理由は簡単です。成功したからです。この3つを乗り越えたという人は必ず成功に行き着いた人ということでしょう。
 考えてみてください。日本の現状にあわせた正しい方向に向かって実践を積み重ねていたら、成功しないはずがないと思いませんか?
 要因を分析した上で、日本の現状に合わせて理論を組み立て、私の経験を組みあわせて、誰にでも実践できる再現性を持たせたのが本書です。

あなたが本書で学ぶのは、「再現」と「実践」

 「わかってはいるんだけどね」と、なかなか実践に移せない人、実践したけど何も変わらなかったという人も、これならどうでしょうか? まともに日本語も喋れなかった人が
外国人という理由だけであらゆるバイトの問いあわせすら断られ
やっと見つかった皿洗いのバイトで大学の授業料、生活費を稼ぎ
親の借金を背負い、夏休みは工事現場で働く、バイトの掛け持ちで借金をやっと返済
30歳を過ぎてから新入社員で入社
天才とはほど遠い普通の頭脳の人

 このように息の詰まるほどの極限の貧乏がいました。それが、次のようなこれまた息の詰まるほどのスケジュールを楽しくこなしている人に成長しました。
日本語で数冊の本を書き、ベストセラーの作家に
海外に移住しながら、日本をはじめ世界各地に会社を立ちあげ、世界を飛び回る国際起業家
数万人の投資人生を変え、影響を与え続ける日経の人気講師

 この人が成功できたスタートの舞台は日本。はるかに日本語のうまいあなたにもできると思いませんか?しかも無理な精神論を押しつけるのではなく、正しい道を示して、毎日実践できるアクションプランを一緒につくっていこうというのです。
 あなたがすべきことは、再現できるルートに乗り、毎日実践していくだけ
です。

この本を読み終えるころには

 本書の構成については1章に譲るとして、流れを簡単にまとめておきます。
 第1章では、あなたが危機感を持つ理由と、持たない場合は持たないといけない理由について。そして、その現状を打開して豊かな人生を実現するプロセスを3ステップでお見せします。
 第2章から第4章までが、3ステップの理解と実践編になります。多くの本は3章の「マインド改革」までを扱い、結局明日から何をすればいい の?という疑問を残したまま終わっていました。

お金と資産の羅針盤amazon

 本書は第4章でアクションプラの立て方から第5章の実践法までお話します。中心概念は「PPI」ですが、このPPI、今はわからなくても全然かまいません。後々の 楽しみにしておいてください。
 この構成は私の著作に一貫して出てくる執筆哲学でもあります。「明日から実践できる」を「わかりやすく」「楽しく」伝えます。難しい数字も一切使いません。
 それでは準備はいいですか?今の自分にさようならを告げて扉を開けましょう。